島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【NAMM2018】機材オタク蓑輪のNAMM SHOW 2018気になる新商品vol.2!

NAMM SHOW 2018!

f:id:shima_c_niigata:20180126163320j:plain
こんにちは!島村楽器新潟店(自称)No.1機材オタクの蓑輪です!
f:id:shima_c_niigata:20170623181938j:plain
さぁNAMM SHOW 2018気になる新商品シリーズvol.2、始めていきましょう!
もしまだvol.1をご覧になっていない方がいらっしゃいましたらこちらも併せてご覧いただければと思います!
niigata.shimablo.com
例によって中には日本への入荷予定が未定の物もありますので、島村楽器で購入できないようなものも出てくるかもしれません、また、まだ未確定な事や予想によるところも多くなりますが「こんなものもあるんだな~」程度にご覧頂ければと思います!

Ormsby Guitars SCARAB

f:id:shima_c_niigata:20180129180105j:plain
まずはこちら!一部モデルの国内入荷も決定し今まで以上に話題沸騰のギターメーカー「Ormsby Guitars」より、カスタムショップモデル「SCARAB」です!
レスポールのようなシングルカッタウェイのボディにアーチトップ、25.5~26.5のセミマルチスケールに24フレットと色々なラウドギターのいいとこどりのようなレスポール系モデルです(笑)
ヘッドの形状も非常に攻撃的でいかにもラウドなギターです!と言わんばかりの見た目ですがピックアップや木材についての詳しい情報が見つけられなかったので実際はわかりませんね・・・。
ですがレスポール系シェイプでマルチスケールだったりエクストラロングスケールって今までほとんどなかった気がするので探していた方にとっては「おっ!」てなる仕様じゃないでしょうか!
カスタムショップ製モデルで国内入荷の見込みは薄めかな~といったところですが気になる方は続報を期待しましょう!

・・・ところで、今年のNAMMではOrmsby然りSuhr Guitars然りなかなかレスポール系モデルが多く出ていますね・・・。
Fenderすらもまるでレスポールのようなテレキャスター「THE TROUBLEMAKER TELE」なんてものを発表していたり・・・。これは穏やかではないですねぇ(笑)

SCHECTER C-7 SLS Elite Multi-Scale GNAT TILT

f:id:shima_c_niigata:20180129182221j:plain
さて続いてはこちら!ラウドギターといえば!のSCHECTERより「C-7 SLS Elite Multi-Scale GNAT TILT」です!
いやぁ~やっぱりファンドフレットモデル出したか!
なんて思いながら見ていたのですが(笑)、よくよく仕様を見てみたらコレ凄いっすよ・・・!
・フレイムメイプルトップ・アッシュバック・エボニー指板
・HipshotのFixedブリッジ搭載
・25.5~27インチスケール
シェクター製ロックペグ
・ステンレスジャンボフレット
・Bridge Pickup: Fishman Fluence Modern (Ceramic Magnet) Humbucker
・Neck Pickup: Fishman Fluence Modern (Alnico Magnet) Humbucker



・・・流行りを完璧に抑えている・・・!!!!
どうしても一般向けフレンドフレットモデルってコストを抑えるためにパーツだったりPUだったり材だったりどこかしらで妥協するものだってイメージがあったのですがこれは完璧ですね!!
しかもPUは流行りのフィッシュマン・・・こりゃあ大人気間違いナシだ・・・!
まぁとはいえまだ発表があっただけで国内入荷の有無や価格は全く分からないのでそこがわからないことには何とも言えませんけどね!(笑)
しかし要注目モデルなのは間違いなし!
できるだけ安価に国内入荷してくれることを祈りましょう(笑)

Fractal Audio Systems Axe-Fx III

f:id:shima_c_niigata:20180130130026j:plain
続いてはこちら!フラクタルオーディオ」より「Axe-Fx III」です!!
来てしまいましたねぇ・・・!!
今年のNAMMではAxe-FxかAX8のNewモデルが出そうだな~と思っていたのですがAxeが来ましたね!
まず目を引くのはが採用されている点ではないでしょうか!
今までのフラクタル製品の画面は一部では「某有名教材の付録についてくる勉強ゲームの画面」なんて言われていたりもしましたからね(笑)

単純に見た目のかっこよさはもちろん、より見やすくスムーズにサウンドが作れそうですね!
DSPもAxe-Fxⅱの倍以上高速なものを使用しているとのこと、とんでもないバケモノプロセッサーになりそうですね・・・!
単純なサウンド面もかなり進化しているという話なので早く弾いてみたいものですね~。

そして個人的に非常に期待しているポイントはこちら!
f:id:shima_c_niigata:20180130131113j:plain
Newフットコントローラーです!
これまでのAxe-Fxⅱの純正フットコントローラーはあまりにも大きすぎる、ここまでの物は要らないという声も多かったんですよね、店頭でもよく耳にしました。
でもこの新しい純正コントローラーは6スイッチモデル12スイッチモデル、非常に丁度いいですよね!
個人的にはこの新コントローラーの登場は気になります!

特にAxe-Fxⅲになってサイズが従来の2Uラックサイズからどうやらkemper等と同じ3Uラックサイズになるみたいなんですよね。
もちろんフラクタルなのでパワーアンプは非搭載、3UのAxeにパワーアンプもとなるとかなり可搬性が悪くなりそうなんですよね。
そこでフットコントローラーまで従来と同じサイズとなるといよいよライブ派プレイヤーが限界を超えてしまうので(笑)フットコントローラーの新登場は嬉しいですね!

アメリカ・カナダへは2018年3月頃からの出荷という噂ですが国内入荷はまだ未定、早めの入荷を祈りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
なんだかんだやはり今年もNAMMはアツいですね!!
今回ご紹介した商品はファンドフレット2本にフラクタルマルチプロセッサと非常に私個人の好みが強く出てしまいましたが(笑)やはり世間的、一般層にもこういった所謂「オタク機材」なんて呼ばれる機材の需要が高まっている証拠でしょうか、やけにソッチ方面の機材が多いように感じました。
今後も新製品情報から目が離せませんね!
今後も面白い商品はどんどんご紹介していきますのでお楽しみに~!

まとめページ

僕の商品レビューまとめページになります!
是非ご覧ください~!
niigata.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.