島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【徹底対決!】S7G HISS-TERIA VS HORIZON DEVICES PRECISION DRIVE

Djentエフェクター頂上決戦!!

こんにちは!新潟店エフェクター担当にしてDjent担当、オタクギタリスト代表の蓑輪です!
皆さん・・・例のブツが入荷しましたぜ・・・!!!

f:id:shima_c_niigata:20171209134235j:plain
こちら!!HORIZON DEVICES PRECISION DRIVEです!!
HORIZON DEVICESとはProgressive Metal/Djent系バンドの代表格であるPeripheryの中心人物”Misha Mansoor”が理想のサウンドを追求する為、機材開発を行う目的で設立されたブランドです。
第一弾として発表・発売されたのが「Precision Drive」となります。ハイゲインアンプをブーストするために設計されたペダルで、第一線のミュージシャンによる妥協のないサウンドと使い勝手が優先されたこのデバイスは、ツマミの効果や可変ポイント一つをとっても納得できる作りになっています。

とのことですね。

以前からオタクギタリスト界隈では話題になっており、個人輸入してまで購入する猛者もいたようですが満を持して国内取り扱いが開始となりました!!
いやぁ~めでたい。

さて、このPRECISION DRIVE、簡単に言えば
オーバードライブ/ブースター
・ノイズゲート
・音質調整ノブ

以上の3つが合わさったエフェクターという訳ですが、この3つの要素を持ったエフェクターってなんだか聞いたことがあるぞ・・・?


何だったかな・・・・・・。













・・・!!!!!



f:id:shima_c_niigata:20171209134420j:plain
これだ!!S7G HISS-TERIA!!!

このエフェクターも先程の3種類の要素を持ったエフェクターでしたね!

「じゃあこの2つのエフェクター、どっちがいいの?」
と皆さん思ったことでしょう!

今回はこの2機種を徹底的に比較していきますよ~!!!

コントロール

S7G HISS-TERIA
f:id:shima_c_niigata:20171209134502j:plain
まずHISS-TERIAのコントロールはこんな感じです。
オーバードライブセクションはVolume、Tone、Driveの3ノブ、
ノイズリダクションセクションはTHREASHOLD、RELEASEの2ノブ、
そして音質調整のSHAPEスイッチです。

HISS-TERIAの魅力はやはりSHAPEスイッチ、これをONにするだけで一気に低域をカット、高域を強調したサウンドになるため一瞬でDjentなアノ音になります。

ノイズリダクションも2つのノブで細かく作り込めるところが魅力的ですね。
そしてオーバードライブとノイズリダクションでスイッチが分かれているため、それぞれのON/OFFが出来るのも素晴らしいですね。

HORIZON DEVICES PRECISION DRIVE
続いてPRECISION DRIVEのコントロールはこんな感じですね。
f:id:shima_c_niigata:20171209134542j:plain
こちらのオーバードライブセクションはVolume、Bright、DRIVEの3ノブ、BrightはToneとほぼ同じ働きをしてくれます。
ノイズゲートセクションはGATEの1ノブのみ、迷わず音作りが出来そうですね。
そして音質調整のATTACKノブ、こちらがこのペダルの最大の魅力ですね。
このノブは6段階のダイヤル式になっており、左に回すとオールドスクール系サウンドに、右に回していくとよりモダンなサウンドへと変化していきます。
1台で様々なジャンルのラウドに対応できるのは非常に使い勝手が良いですね。

サウンド

という訳で、コントロールも一通りご説明したところでお待ちかねのサウンドチェックです!

今回使用するギターはこちらのIbanez RGAIX7U、手の出しやすい価格ながらPUにはベアナックルアフターマスを搭載した超ハイコストパフォーマンスモデルです!

今回はどちらのペダルもVolume、Tone(Bright)はマックス、Driveは0、ノイズリダクションはかなりきつめにかけてみます。
というわけでまずはHISS-TERIAから!

※かなり音量が小さめになっています。ご了承ください。

動画前半はSHAPEスイッチOFF、後半はONになっています。
続いてPRECISION DRIVE!

動画前半はATTACK1、後半はATTACK6になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか!
どちらも素晴らしいサウンドで優劣が付けられないですね~!
強いて言うのであればHISS-TERIAはSHAPEスイッチが搭載されていて、尚且つノイズリダクションの掛かりがかなり深いのでDjent等とにかくタイトさが求められるジャンルに良さそうですね!
反対にPRECISION DRIVEはATTACKノブでのサウンドの切り替えが多彩で様々なラウドサウンドに対応でき、ノイズゲートのかかりが比較的自然なのでラウドなギターサウンドには万能に対応できるような感じですね!
自分のやっているジャンルにはどちらが合うか、しっかり見極めてより素晴らしい刻みライフを送りましょう~!

今回ご紹介した商品はこちらからお求めいただけます!
RGAIX7U
www.digimart.net
HISS-TERIA
www.digimart.net
PRECISION DRIVE
www.digimart.net

まとめページ

僕の商品レビューまとめページになります!
是非ご覧ください~!
niigata.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.