島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

スタッフ体験レポートvol.9~伸び悩み系バンドマン新井編~

ドラム体験レッスンを受けてみた!

f:id:shima_c_niigata:20170327215807j:plain
こんにちは!デジタル担当の新井です!
久々の「体験レッスン受けてみたシリーズ」よろしくお願いいたします!

さて、わたくし新井、バンドでドラムを担当しております。ライブをやったり音源を出したりと充実してはいるのですが、最近上達している実感が得られず悩んでいます…ドラムを始めて5年ほど経ちますが、最初の頃に比べると「あ!出来るようになった!」という感動が減ってきたように感じているのです。

実は基礎練習らしい基礎練習をあまりしたことがなく、好きな曲を真似して叩いて楽しむ日々を過ごしてきました。そのツケが回ってきたのかも知れません…

そんな訳で、今回は伸び悩み系バンドマンこと新井がドラム体験レッスンのレポートをお届けいたします!

ドラム教室の先生は梨本宜久先生です!
f:id:shima_c_niigata:20171029163458j:plain
www.shimamura.co.jp

ドラム教室は金曜日だけでしたが、土曜日にも新規開講いたしました!梨本先生はドラム歴約20年、ライブやレコーディングの経験も豊富な方でいらっしゃいます。

成長が感じられず悩んでいるドラマー新井は、果たして上達の糸口を掴むことが出来るのでしょうか!?

体験レポート

お悩み相談

恥ずかしながら…と基礎をすっ飛ばしていることを打ち明けました。また、安定感のある演奏が出来るようになりたい!ということもお伝えしました。
さあいよいよ体験レッスンスタート!よろしくお願いします!
f:id:shima_c_niigata:20171029154739j:plain

セッティング

よし音を鳴らすぞー…とその前に、イスの高さを確認。身長や体格に合った高さになっているかどうかが演奏に大きく影響します。テキトーではいけませんね…!
f:id:shima_c_niigata:20171029154800j:plain
続いてスネアやハイハットの高さを調節。演奏するジャンルやスタイルによってセオリーがあるんですね。私はパワフルに叩きたいのでスネアやや低め、ハイハットはやや高めのセッティングです!

また、先生のアドバイスハイハットペダルをいつものセッティングより近くしてみると、とてもコントロールしやすくなりました!
f:id:shima_c_niigata:20171029154838j:plain

「安定感」のキモは?

セッティングも完了したところでいよいよ音を出します!
「まずは普段通りに叩いてみて!」と先生。緊張しながら演奏する私。



演奏を見てもらったところ、どうやら改善できるポイントがいくつかあるようです。
今回先生に相談した「安定感のある演奏」のために改善するのは…「キック」!
キックの粒を揃えることが大切!サビの盛り上がりに対してキックの音量が足りないからチグハグに聞こえてしまうようです。
f:id:shima_c_niigata:20171029155214j:plain

なるほど…!バンドのレコーディングの時にも「キックが…」と言われたのですが、そういうことだったのですね。
ではどうすれば良くなるんでしょうか??

ペダルを上手にコントロールすべし!

キックの力をバスドラムに上手く伝えることが大事だそうです!ペダルの仕組みを説明して頂きました。とても分かりやすかったです!
f:id:shima_c_niigata:20171029155428j:plain
f:id:shima_c_niigata:20171029155450j:plain
理屈が分かったところで、お次は感覚を身に付けねばなりません。何かコツはありますか、先生…?

縄跳びのようなペダリングを!

誰もがやったことのある「縄跳び」のようなイメージで踏むと良いとのアドバイス!20年近く縄を跳んでいませんが、何とかやってみました!
心に縄跳びをイメージしてペダルを踏んでみると…?
f:id:shima_c_niigata:20171029170622j:plain
おお!アタック感の強い良い音になりました。楽しい…!
ちょっとした意識ひとつでこんなにも変わるものなんですね!

「力まなくてもデカい音を鳴らせるんだよ!」と先生がお手本を見せてくれました。
小口径のバスドラムから嘘のようにデカい音が鳴っていました。さすが先生です…私も精進します!
f:id:shima_c_niigata:20171029160338j:plain

「叩く」ではなく「リバウンドさせる」

キック以外の「手」についても、安定感を得るためのコツを教えて下さいました。
「叩く」ではなく「リバウンドさせる」という意識をもつことが大切だそうです!目からウロコでした。
f:id:shima_c_niigata:20171029161655j:plain
スティックを親指&中指で軽くつまんでバスケのようにドリブルする、というスティックコントロールの感覚を養う練習法を伝授して頂きました。
これがなかなか難しかったです…これからの課題ですね。がんばろう!!

実は…

コツを掴むことが出来て上機嫌な私。ここで「toeの柏倉さんみたいな演奏が出来たら最高です」と無理は承知で相談してみました!あの表情豊かなドラミング、ずっと前からの憧れでしたが、一向に近づくことが出来ません…どんな練習をすれば!?

「ダブルストロークが上手になれば幅がすごく広がるよ!」と先生が仰って下さり、パッドを使って練習することになりました。
f:id:shima_c_niigata:20171029161155j:plain
先程の跳ね返りをコントロールする練習法と重なる部分もありました。こちらもコツコツ続けてマスターしたいです!

↓先生のお手本が凄すぎて思わず笑ってしまっています。
f:id:shima_c_niigata:20171029162451j:plain

濃厚な30分間でした!

あっという間の30分。しかし今後ゼッタイに役に立つことを多く知ることが出来ました!
まだまだ聞きたいことが山ほどあったのですが、残念ながら今回はここまで!
f:id:shima_c_niigata:20171029162537j:plain

まとめ

なかなか成長を感じることが出来ずに悩んでいた新井ですが、短時間で多くのことを学ぶことが出来ました。「ちょっとした意識の変化でこんなにも音が変わるんだ…」という実感を得る事が出来たのがとても嬉しかったです!やっぱりドラムって楽しいなと改めて感じることが出来ました!

とはいえ、教わりたいことがまだまだたくさんあります。30分では足りない…!続きは本レッスン、ですね!

レッスンに通うことで音楽生活が何倍も楽しくなること請け合いです!日々感動しながら音楽を楽しみ続けましょう!
皆さまのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております!!

最後に…梨本先生、今回はありがとうございました!
f:id:shima_c_niigata:20171029162948j:plain

島村楽器新潟店音楽教室総合案内はコチラ!

www.shimamura.co.jp

体験レッスン日程はこちらからご確認ください!

www.shimamura.co.jp

体験レッスンのお申込みはこちらからどうぞ!

新潟ビルボードプレイス店音楽教室問い合わせ受け付けフォーム 店舗情報-島村楽器


店舗 島村楽器新潟ビルボードプレイス店
住所 新潟市中央区八千代2-1-2
電話番号 025-240-4666
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.