島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【噂のピック入荷!】MASTER 8 JAPAN GUITAR PICKS レビュー!

噂のピック

こんにちは!最近ブームに乗り遅れつつも「けもフレ」を見始めたことで知能が低下し始めている新潟店唯一のベーシスト蓑輪です。
突然ですが皆さんピックって何を使ってますか?
僕はベースではIbanezのELASTOMER HARDの1mmか

f:id:shima_c_niigata:20170413162350j:plain
GRAVITY GUITAR PICKSのRazer Standerd 4mm

f:id:shima_c_niigata:20170413162627j:plain
ギターではJAZZⅢの滑り止め付きの黒

f:id:shima_c_niigata:20170413162703j:plain
といった感じにいろいろ使っています。
結構「このピックじゃないと弾けない!」みたいな拘りがあるので普段使わないピックは結構ノーマークなことが多いのですが、非常に気になっていたピックがついに新潟店にも入ってきました!

f:id:shima_c_niigata:20170413163606j:plain
こちら!「MASTER 8 JAPAN GUITAR PICKS」です!
このメーカーめちゃくちゃ気になってたんですよねぇ~!
僕が高校の頃から憧れている「Crossfaith」のベーシストHiroki氏やギタリストKazuki氏、「coldrain」のギタリストsugi氏など国内ラウドバンドの中心的方々や、最近では新潟の「午前四時、朝焼けにツキ」のギタリスト三宮広大氏、渡邊翼氏も使用しているということで蓑輪的注目度は最高潮だったメーカーです。

早速いつものようにレビューしていきますよ~!
例によって僕の主観で書いています、こんな感じなんだ~と参考程度にお読みください~!

①INFINIXシリーズ

f:id:shima_c_niigata:20170413190718j:plain
まずはこちら、INFINIXシリーズです。公式サイトによると「MASTER8JAPANが初めて世に放つ、次世代のピック新素材」とのことです。
実際に弾いてみるとまず音の立ち上がりの速さに驚きます!それでいてピッキングニュアンスは出しやすい、なんとも不思議な今までに弾いたことのない感覚です。
従来の音の立ち上がりの速さが自慢のピックは大抵ピッキングニュアンスを出すのが難しくて、僕のように演奏の得意でないフレンズにはなかなか使うのに気が引けてしまうピックだったんですけどね、これなら使いやすそうです!

Crossfaith Kazukiモデル

f:id:shima_c_niigata:20170413190734j:plain
f:id:shima_c_niigata:20170413190744j:plain
続いてはこちら!CrossfaithのギタリストKazukiモデルです!
パッと見た感じ、通常のティアドロップサイズよりも横が若干ふくよかなシェイプをしています。
実際に弾いてみると、この横幅のおかげか非常にグリップが安定します。感覚的にはトライアングル型を持ったときのような感覚に近く、暴れながら弾いても指先でずれたりせず安定して弾けそうです。
それでいて先端はしっかりと尖っているのでザクザクのリフを刻みやすいというまさにCrossfaithのような音楽性にピッタリのピックです!

Crossfaith Hirokiモデル

f:id:shima_c_niigata:20170413190801j:plain
f:id:shima_c_niigata:20170413190808j:plain
続いてCrossfaithのベーシストHirokiモデルです!
見た目は一般的なティアドロップ、グリップ面がザラザラした滑り止めになっており全く滑らないということ以外は特別特徴はないのかな?と思って実際に弾いてみたところ・・・







普通のピックより歪みのノリがいい!すごーい!なんでー!?


と、思わずフレンズになってしまいました。
どうやらピックのエッジが一般的なピックと違う特殊な処理をされているらしく、「スピード感のあるフレーズからドライブしたリフプレイまでピッキングでの細かなニュアンスを付けることが可能になっています。」ということらしいです。
ピッキング時の感覚が少し独特な為好みは分かれるかもしれませんが、歪みにこだわる方にはぜひ一度試していただきたいですね!

④coldrain sugiモデル

f:id:shima_c_niigata:20170413190842j:plain
f:id:shima_c_niigata:20170413190848j:plain
続いてはcoldrainのギタリストsugiモデルです!
形はJAZZ型の一回り大きいサイズ、こちらもグリップ面がザラザラとした滑り止めになっておりガッチリ掴めて非常に好感触です。
実際に弾いてみるとピッキングの感触が非常に滑らかでストレスなく弾けます。これはいいぞ・・・!
どうやらこちらも特殊な素材を使っているらしく、「耐摩耗性、強度に優れ、摩擦が非常にスムーズで立ち上がりの良いサウンドが特徴となっています。」とのこと。
刻みにこだわるラウドバンドのギタリストだからこそ、ピッキングの感触が重要なのでしょうか。個人的に非常に好感触です!

SPYAIR UZモデル

f:id:shima_c_niigata:20170413190859j:plain
f:id:shima_c_niigata:20170413190905j:plain
最後はこちら!SPYAIRのギタリストUZモデルです!
まず気になるのが滑り止めのラメ加工です!きれい!
なんでもこのサンドグリップ表面のラメ加工は業界初とのこと!デザイン面への拘りもうかがえますね!
実際に弾いてみると今回紹介したピックの中では一番オーソドックスで万人受けしそうな使いやすい弾き心地です。
こちらはHiroki氏のモデルとは反対にエッジ加工を少しラウンドさせることで滑らかなピッキングを可能にしているようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。個人的には試していて非常に楽しかったのですが、ピッキングの感触・音を文章で伝えるってすごく難しいですね・・・。
気になるピックはぜひ一度ご購入いただいてお試しいただければと思います!

まとめページ

僕の書いた商品レビューまとめページになります!
是非ご覧ください~!
niigata.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.