読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

大盛況!よしめめ氏による電子管楽器体験会レポート!

電子管楽器(ウィンドシンセ)体験会、終了しました!

こんにちは。デジタル担当の新井です!
2/18(土)に開催した「電子管楽器(ウィンドシンセ)体験会」、盛況のうちに終了いたしました!
講師にウィンドシンセ界の首領「よしめめ」氏をお招きしての体験会、とても充実した内容でした。その様子をお伝えします!

前半:電子管楽器とは??

まずはよしめめさんによるデモ演奏!いきなりガツンとやられました。カッコイイ…!
f:id:shima_c_niigata:20170220185249j:plain
とにかく音の表情が豊かでした。まさに電子管楽器の真骨頂といったところ!(もちろん、よしめめさんの技量によるところも大きいですが!)
音色自体が非常に魅力的ですが、息の加減ひとつで様々なニュアンスを出せるのは、電子管楽器の「一番オイシイところ」だそうです。納得!

そしてウィンドシンセ各機種の紹介、説明に入っていきます。
f:id:shima_c_niigata:20170220190424j:plain
写真に小さく映っていますが、AKAIのEWI4000sw、EWI5000、EWI USB、そしてローランドのAE-10(エアロフォン)のそれぞれの特徴を、実演を交えながら説明してくださいました。
たとえばEWI4000swはアナログ音源、EWI5000はPCM音源という音源をそれぞれ搭載しているのですが、その違いがよく分かりました。アナログらしい太~いあたたかみのある音と、PCM音源のリアルに再現された楽器の音。用途や好みによってどちらがよりベターなのかは変わります!
AE-10の「Supernatural音源」は直訳すると「すっげえ自然な音源」です!覚えておきましょう!笑

後半:音を出してみよう!

休憩をはさみ、いよいよ後半は実際にEWI4000swを持って音出しに挑戦!
※休憩時間、よしめめさんが「宝島」を吹いて下さりました。即興のフレーズがとてもかっこよく、こっそり感動…
f:id:shima_c_niigata:20170220191255j:plain
まずは基本となる正しい持ち方をレクチャー。そして電源を入れてかんたんなセッティング。吹き心地の調整は重要!気持ちよく吹けるポイントを探していきます。

そして息を吹き込む!音が出ました~~良い音!
オクターブの上下やタンギング、ビブラート、ベンド(ピッチの上げ下げ)にもチャレンジ!
みなさん少し手こずりながらも楽しそうに音を出していました!

最後は「大きなのっぽの古時計」を吹いてみました!
f:id:shima_c_niigata:20170220192016j:plain
ヘッドホンをしていたので聴こえませんでしたが、皆さん上手に吹けましたか!?

体験会後、よしめめさんにサインを頂きました!ありがとうございました~!
f:id:shima_c_niigata:20170220193138j:plain

以上、電子管楽器体験会のレポートをお伝えしました!終始アットホームな雰囲気の体験会でした!私自身もとても楽しかったです!
ご来場の皆様、そしてよしめめさん、ありがとうございました!!次回のイベントもお楽しみに~!





店舗名 島村楽器 新潟ビルボードプレイス店
電話番号 025-240-4666
担当 新井
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.