読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【国産はいいぞ】ベーシスト蓑輪の国産ハンドメイドジャズベースレビュー!

レビュー

国産はいいぞ

f:id:shima_c_niigata:20170130161638j:plain
こんにちは!島村楽器新潟店唯一のベーシスト蓑輪です!
突然ですが「Made in Japan」っていいですよね。

某国民的ジャニーズグループの大ヒット曲の話ではないですよ。そっちも大好きですが。
私が言いたいのは楽器の製造国の話です。

日本製の楽器って細かいところまで仕上げが丁寧で作りが精工、形や音も日本人好みなものが多くて本当に素晴らしいなと思うわけです。
たぶん僕が去年1年間で買ったギターやベースは全てMade in Japanだったはずです。国産はいいぞ。

ってな感じで去年1年間ベース担当の先輩にずっと「国産いいですよ!どんどん入れていきましょう!」
と、言い続けていたら結構国産ハンドメイドジャズベースが増えていました。完全に俺得です本当にありがとうございました。

というわけで今回は島村楽器新潟店に2017年1月30日現在展示中の国産ハンドメイドジャズベース5本をレビューしていきます!
今回も例によって完全な主観で書いています。参考程度にお読みいただければと思います。

①ATELIER Z JZ-189/S/M

f:id:shima_c_niigata:20170130161905j:plain
まずはこちら、大人気メーカーATELIER ZからJZ-189/S/Mです!
ATELIER Zと言えばRIZEDragon Ash等で活躍中のベーシストkenken氏やオメでたい頭でなにより、PROJECT B.等で活動中のmao氏、聖飢魔Ⅱのベーシストゼノン石川氏等様々なプレイヤーが使用していることでも有名ですね。
アッシュボディメイプル指板のバキバキスタイルはいくつになっても魅力的です。
f:id:shima_c_niigata:20170130162950j:plain
僕も高校時代はそれはそれはこのヘッドに憧れたものです・・・。
f:id:shima_c_niigata:20170130163241j:plain
JZ-189のコントロールはこんな感じの2ボリューム2bandEQです。
f:id:shima_c_niigata:20170130163520j:plain
このミニスイッチでアクティブ/パッシブの切り替えが出来ます。これがまた便利なんですよね~!
アクティブのバッキバキサウンドからパッシブのおとなしい音まで一発で切り替えれるって素晴らしい。
f:id:shima_c_niigata:20170130163748j:plain
f:id:shima_c_niigata:20170130163753j:plain
フレット数は24まであります。そしてハイフレットまでアクセスしやすいようヒールがカットされています。
ここがテクニカル系ベーシストに人気の所以なのでしょう。

サウンドはかなりアタックの強い音です!一音一音が非常にハッキリクッキリなのでアンプに繋いで一度ピッキングするだけですぐにかっこいい音を出せます!最高~!

②momose MJB1-STD/NJ

f:id:shima_c_niigata:20170130164334j:plain
続いてはこちら!momoseよりMJ1-STD/NJです!
momoseのジャズベースと言えば私の大好きなバンド「SECONDWALL」のベーシストYU-SUKE氏や我々新潟県民の星「My Hair is Bad」のベーシスト山本大樹氏等が使用しています。
アルダーボディニューハカランダ指板でヴィンテージジャズベースサウンドを奏でてくれると話題のmomose、細かく見ていきましょう。
f:id:shima_c_niigata:20170130165326j:plain
コントロールは2ボリューム1トーンのシンプルな構成
f:id:shima_c_niigata:20170130165412j:plain
と、見せかけてトーンポットのプルも出来ます。
プルすることでターボスイッチがONになり、音がめちゃくちゃ太くなります。
端的に言えば「引っ張るとハムバッカーぽい音になるスイッチ」てことですね。
安いベースによくあるただボワボワ言ってしまうだけのものと違い、しっかり実践的な音の太さになります。好き。
f:id:shima_c_niigata:20170130165814j:plain
指板のニューハカランダも非常に良い木目、色合いです。
そしてフレットは驚くほど滑らか、こればかりは実際に体験していただかないと伝えられません。是非ご試奏下さい。
f:id:shima_c_niigata:20170130170000j:plain
ヘッドのロゴがプリントじゃなく彫ってあるところもセンスを感じます。美しい・・・。
f:id:shima_c_niigata:20170130170119j:plain
ネックプレートにもmomoseの刻印が。細かいところまで気を抜かない日本人魂が感じられます。

サウンドに関してですが若干コンプ感がありつつも非常にジャズベースらしい適度にローミッドの出た扱いやすいサウンドに感じます。
ターボスイッチも使いやすく非常に推せます!

History TH-BJ4/R

f:id:shima_c_niigata:20170130170557j:plain
続いてはこちら。島村楽器のオリジナルブランドHistoryTH-BJ4/Rです!
個人的にレイクプラシッドブルーのベースはめちゃくちゃ大好きなのでまず見た目の時点で惹かれるベースですね。
f:id:shima_c_niigata:20170130180751j:plain
コントロールは2ボリューム1トーンのシンプル設計。
f:id:shima_c_niigata:20170130180843j:plain
ブリッジはチタン製のため音の立ち上がりが早く、非常に使いやすいサウンド。
f:id:shima_c_niigata:20170130181017j:plain
個人的Historyベース1番のお気に入りポイントはネック裏です。超極薄塗装のためめっっっちゃくちゃサラサラです。
ネック裏がサテン仕上げ等サラサラでないと演奏力ガタ落ちする僕としては言うこと無しの完璧な仕上げです。何時間でも触っていられます。
f:id:shima_c_niigata:20170130181306j:plain
ハイフレットが弾きやすいようにヒールを斜めにカットしてあります。素晴らしい心遣い。
f:id:shima_c_niigata:20170130181422j:plain
ヘッドのロゴが薄い銀のプレートのような物になっているのも高級感があってGOODですね。

サウンド面については非常に優等生です。恐らく今回紹介するベースで一番フラットな出音じゃないかと感じます。
それでいてチタンブリッジのおかげで音の立ち上がりは早く、アンプエフェクターで音をしっかり作り込みたい方にお勧めです!

MOON JB-277OX/R/CR

f:id:shima_c_niigata:20170130182133j:plain
続いてはこちら!国産ハイエンドメーカーの老舗MOON GUITARSよりJB-277OX/R/CRです。
まず何と言っても可愛い!!!!!バーガンディミストカラーが目を引きますね。
f:id:shima_c_niigata:20170130182257j:plain
コントロールは2ボリューム2bandEQとなっています。
f:id:shima_c_niigata:20170130182403j:plain
f:id:shima_c_niigata:20170130182412j:plain
それぞれのボリュームはプルが可能で、フロントボリュームのプルでアクティブ/パッシブの切り替え、リアボリュームのプルでピックアップがハムバッカー配列になるようです。
f:id:shima_c_niigata:20170130182924j:plain
そしてこの画像見て下さい。
ポールピース大きくないですか?
この大きいポールピースのおかげかめちゃくちゃ音が太いんですよね・・・。最高だ・・・。
f:id:shima_c_niigata:20170130183141j:plain
そしてマッチングヘッドなんです。どこまでも可愛いなこいつ・・・。
ペグは逆巻きタイプなので可愛い見た目の中にビンテージ感がプラスされています。ギャップ萌えですね。
f:id:shima_c_niigata:20170130183455j:plain
そして写真ではいまいちわかりづらいですがこのラッカー塗装のデラデラ感すごくないですか!?高級感の塊って感じがします。

サウンドについてですがもうめっちゃくちゃ音が太いです。芯のある素晴らしいジャズベースサウンドです。
塗装が極薄ラッカーなのでとにかく鳴りが良く、手元でも音を自在に作り込めるので本当に多彩な素晴らしいベースです。

Sago ClassicStyleJ4

f:id:shima_c_niigata:20170130184342j:plain
最後はこちら!Sago New Material GuitarsよりClassicStyleJ4です!
個人的にSagoの楽器は大好きで、一昨年高校の時からずっと憧れだったSoniaというシェイプのギターをオーダーしてしまったほどです。
f:id:shima_c_niigata:20170130184753j:plain
これが僕のオーダーしたSoniaになります。いつか詳しく語らせてください。
さて、脱線しましたがこのClassicStyleJ4、塗装がすごいことになっていますね。
f:id:shima_c_niigata:20170130184934j:plain
近くで見るとこんな感じです。これはラップ塗装という手法で、その名の通りサランラップを使用する塗装方法なんです。
この独特の細かい塗装の虜になる人が後を絶えません。僕も含まれています。
f:id:shima_c_niigata:20170130185214j:plain
こちらもコントロールはシンプルな2ボリューム1トーン。余計なものはいりません。
f:id:shima_c_niigata:20170130185301j:plain
赤鼈甲のピックガードってなんでこんなにかっこいいんでしょう・・・。魅力の塊です。
f:id:shima_c_niigata:20170130185352j:plain
当店に展示してあるモデルにはピックアップSagoロゴマークが刻印されています。
細かいところのオシャレってやつですね。
f:id:shima_c_niigata:20170130185459j:plain
このヘッド形状がカッコいいんですよねぇ~!たまりません!
f:id:shima_c_niigata:20170130185556j:plain
ネックプレートにはSagoロゴマークが。前から見えない所にも気を配ってあります。
f:id:shima_c_niigata:20170130185701j:plain
そしてSagoの売りと言えばこれでしょう!サーモウッドネックです!
木材を人工的に乾燥させることで中の水分を飛ばし、気温や湿度の変化に強く、鳴りのいいネックが生まれるのです!
見た目も渋くてかっこよく、大人気のネックなんです。

サウンドについては、ローミッドがめちゃくちゃ強いです!
いかにもジャズベースらしいミッドの効いたどっしりとしたサウンドで、バンドのボトムを支えるのに最適です!
非常に万能なベースなので一本持ってて損はないですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回も非常に長くなってしまいましたが写真沢山でそれぞれのベースの魅力は伝わったんじゃないかと思います。
今回は店頭のベースを紹介させていただきましたが、国産ハンドメイドベースはオーダーメイドで制作することが出来るメーカーも多く存在します。
店頭にあるベースを基に自分好みの使用を盛り込んだベースをオーダー!なんてことも出来るわけです!
オーダーのご相談もいつでもお待ちしております!
是非蓑輪までお声がけください!オーダーの魅力をたっぷりお伝えしますよ~!

まとめページ

僕の商品レビューまとめページになります!
是非ご覧ください~!
niigata.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.