島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【脳を活性化】目指せ!オカリナマスター!

一緒にオカリナ演奏しましょう!

f:id:shima_c_niigata:20180203153101j:plain
みなさん、こんにちは!音楽教室&管楽器担当の内山です。
これを機に私もオカリナに挑戦します!
みなさんも一緒にオカリナにチャレンジしてみませんか?

楽器経験がなくても大丈夫!

今まで何か楽器を演奏したことが無い方でも、気軽に始められます。
演奏する為には楽譜を読めないといけないんじゃないかと心配の方もいらっしゃいますよね。
ご心配なく!楽譜が読めない方でも、塞ぐ穴を描いた絵がありますので、
それに沿って演奏していけばバッチリ曲になります!
みなさんもきっと一度は聴いたことがある簡単な曲から練習しましょう。

サークルメンバー大募集!

楽しくおしゃべりしながらやりたいと思いますので、
同じ趣味の友達作りや、ちょっとおしゃべりしにいこうかしら、
など、日々の生活に少しの楽しい時間を作りませんか?
気軽に遊びに来てください!

イベント詳細

日程 3月17日(土)
時間 14時から1時間程度
会場 店内楽譜コーナー
参加費 無料
持ち物 オカリナ

※オカリナをお持ちでない方へはおすすめのオカリナご案内します。
 先着で備品の楽器貸出致します。(数に限りがございます。)

お問い合わせ

店舗 新潟ビルボードプレイス店
電話番号 025-240-4666
担当 内山

【第4回アコパラ】 2月4日(日) 店大会Vol.1のお知らせ

f:id:shimamura-music:20171220143535j:plain
アコパラとは?
来年で4回目となる島村楽器が主催する、アマチュアミュージシャンによる全国規模のアコースティックサウンドのライブイベントです。

2月4日(日)出場予定のアーティスト

はる
内山 悟史 WITH M
Heureux

※受付順に記載しております。当日の出演順とは異なります。

開演時間・会場

開演時間 16:00スタート
会場 店内スタジオ
入場料 観覧無料

新潟店ライブスケジュール

引き続き、下記日程のエントリー受付中しております!皆さまのご参加おまちしております。

  • Vol.1:2018年2月4日(日)
  • Vol.2:2018年3月4日(日)
  • Vol.3:2018年4月1日(日)

応募に関して

応募資格

アコースティックギター主体の形態(3人まで)でアマチュアであること。

エレキギター、生ドラムの使用は不可。※カラオケの使用不可。

応募方法

①規定の応募用紙に必要事項を記入
②歌詞カード(コピー・カバー楽曲は不要)
③参加料:1組につき会員:2,160円(税込)/一般:2,700円(税込)
以上をご準備のうえ、店頭にてお申し込みください。
※持ち時間(10分)内であれば最大3曲まで演奏可能。(MCを含む)
※メンバーのうち、1名以上が島村楽器メンバーズカード所有の場合に会員価格が適用されます。
※各店により店予選開催日が異なりますので、各店へご確認ください。
※出場者の映像・画像・楽曲は、店頭およびHP等で公開させていただきます。

応募期間

1月1日(月)~4月1日(日)締め切り

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 新潟ビルボードプレイス店
電話番号 025-240-4666
営業時間 平日11:00~20:00]]土日10:00~20:00
担当 倉島

お気軽にお問い合わせください!

セッション体験会開催しました!

1月28日セッション体験会レポート

みなさん、こんにちは!音楽教室担当の内山です。
今回のイベントは教室生徒様にご参加頂けるイベントでした。
今回はドラム教室、エレキギター教室の生徒様が参加してくださいました。
誰かと合わせるということは経験がない方にも
合わせる楽しさを知ってもらおうと企画したイベントでしたが、
帰るときには皆さま頬を紅潮させて帰られましたので、
大成功だったと思います!

セッションはこんな形

f:id:shima_c_niigata:20180130185123j:plain

今回セッション体験会の指揮を取ってくれたのはドラム教室の渡辺俊春先生!

セッションの形についてホワイトボードに図を描いて
大変分かりやすく説明してくれました!
f:id:shima_c_niigata:20180130141534j:plain
しかし、ホワイトボードが白飛びしていて写真では伝わらないですね、、汗
要約すると、決まったコード進行のパターンが2~4つ程あり、
16小節ずつ演奏し、それを繰り返すことだそうです。
1週目
Aパート、Bパート、Cパート、Dパート
2週目ではそれぞれの楽器でアドリブを入れるソロパートを作るそうです。
例えば
Aパートギターアドリブ、Bパートピアノアドリブ、Cパートサックスアドリブ、Dパートドラムアドリブ
そして再びAパートに戻り、もう1週して締める。

という形です。

セッションをやる時は曲の譜面が全部あるわけではなく、
それぞれのパートのコード進行が書いてあるA4の紙だけで出来るそうです!

普段は譜面通りに演奏されてる方も多いと思いますが、
考えながら演奏できるというのは楽しそうですね。

それでは実際にセッションスタート!

f:id:shima_c_niigata:20180130181701j:plain
今回は『Let It Be』『Stand By My』の2曲をやりました!
実際のセッションは当日集まって曲を決めるようですが、
初心者にそれは高度すぎますので、
今回は予め曲を決め、コード譜も渡していました。

そのためか、最初からなんとなく形になりました!
素晴らしい!!

パートはギター・ベース・ドラム・キーボード・ボーカル・パーカッションの6パート。
ドラム教室の生徒様は2人参加してくれたので、ドラムセットは交代で使ってもらい、
カホンや民族楽器など、パーカッションでも参加してもらいました。
様々な楽器が入ることで、演奏が華やかになりますね!

2曲でしたが、曲の最後に
ドダダダダダダ
ジャカジャカジャカジャカジャーーーン
ジャン!!
とキメを作るなど、アレンジを加えてみたりと、
ただ繰り返すだけではなく、変化させて演奏したので、
飽きることなく2時間があっという間に過ぎました。
気持ちが高まることで、自然に出てきたキメでした。
キマると生徒様からの笑い声が自然に漏れたり、
拍手が起こったりと、終始和気藹々としていました。
私もボーカルで参加させて頂きましたが、皆さん安定した演奏でしたので、
とっても歌いやすかったです。
ここだよと合図してくれたり、ドラムがベースのリズムを聴いて合わせたり、
全員で1曲を作るという感覚はなかなか得難い経験ですね。
みんなの息が合うととっても楽しいですね。
また、他のパート数も増やしてセッション出来たらいいなぁと思います。

2回目も企画しますので、是非その時は皆様一緒にセッションしましょう!

【NAMM2018】機材オタク蓑輪のNAMM SHOW 2018気になる新商品vol.2!

NAMM SHOW 2018!

f:id:shima_c_niigata:20180126163320j:plain
こんにちは!島村楽器新潟店(自称)No.1機材オタクの蓑輪です!
f:id:shima_c_niigata:20170623181938j:plain
さぁNAMM SHOW 2018気になる新商品シリーズvol.2、始めていきましょう!
もしまだvol.1をご覧になっていない方がいらっしゃいましたらこちらも併せてご覧いただければと思います!
niigata.shimablo.com
例によって中には日本への入荷予定が未定の物もありますので、島村楽器で購入できないようなものも出てくるかもしれません、また、まだ未確定な事や予想によるところも多くなりますが「こんなものもあるんだな~」程度にご覧頂ければと思います!

Ormsby Guitars SCARAB

f:id:shima_c_niigata:20180129180105j:plain
まずはこちら!一部モデルの国内入荷も決定し今まで以上に話題沸騰のギターメーカー「Ormsby Guitars」より、カスタムショップモデル「SCARAB」です!
レスポールのようなシングルカッタウェイのボディにアーチトップ、25.5~26.5のセミマルチスケールに24フレットと色々なラウドギターのいいとこどりのようなレスポール系モデルです(笑)
ヘッドの形状も非常に攻撃的でいかにもラウドなギターです!と言わんばかりの見た目ですがピックアップや木材についての詳しい情報が見つけられなかったので実際はわかりませんね・・・。
ですがレスポール系シェイプでマルチスケールだったりエクストラロングスケールって今までほとんどなかった気がするので探していた方にとっては「おっ!」てなる仕様じゃないでしょうか!
カスタムショップ製モデルで国内入荷の見込みは薄めかな~といったところですが気になる方は続報を期待しましょう!

・・・ところで、今年のNAMMではOrmsby然りSuhr Guitars然りなかなかレスポール系モデルが多く出ていますね・・・。
Fenderすらもまるでレスポールのようなテレキャスター「THE TROUBLEMAKER TELE」なんてものを発表していたり・・・。これは穏やかではないですねぇ(笑)

SCHECTER C-7 SLS Elite Multi-Scale GNAT TILT

f:id:shima_c_niigata:20180129182221j:plain
さて続いてはこちら!ラウドギターといえば!のSCHECTERより「C-7 SLS Elite Multi-Scale GNAT TILT」です!
いやぁ~やっぱりファンドフレットモデル出したか!
なんて思いながら見ていたのですが(笑)、よくよく仕様を見てみたらコレ凄いっすよ・・・!
・フレイムメイプルトップ・アッシュバック・エボニー指板
・HipshotのFixedブリッジ搭載
・25.5~27インチスケール
シェクター製ロックペグ
・ステンレスジャンボフレット
・Bridge Pickup: Fishman Fluence Modern (Ceramic Magnet) Humbucker
・Neck Pickup: Fishman Fluence Modern (Alnico Magnet) Humbucker



・・・流行りを完璧に抑えている・・・!!!!
どうしても一般向けフレンドフレットモデルってコストを抑えるためにパーツだったりPUだったり材だったりどこかしらで妥協するものだってイメージがあったのですがこれは完璧ですね!!
しかもPUは流行りのフィッシュマン・・・こりゃあ大人気間違いナシだ・・・!
まぁとはいえまだ発表があっただけで国内入荷の有無や価格は全く分からないのでそこがわからないことには何とも言えませんけどね!(笑)
しかし要注目モデルなのは間違いなし!
できるだけ安価に国内入荷してくれることを祈りましょう(笑)

Fractal Audio Systems Axe-Fx III

f:id:shima_c_niigata:20180130130026j:plain
続いてはこちら!フラクタルオーディオ」より「Axe-Fx III」です!!
来てしまいましたねぇ・・・!!
今年のNAMMではAxe-FxかAX8のNewモデルが出そうだな~と思っていたのですがAxeが来ましたね!
まず目を引くのはが採用されている点ではないでしょうか!
今までのフラクタル製品の画面は一部では「某有名教材の付録についてくる勉強ゲームの画面」なんて言われていたりもしましたからね(笑)

単純に見た目のかっこよさはもちろん、より見やすくスムーズにサウンドが作れそうですね!
DSPもAxe-Fxⅱの倍以上高速なものを使用しているとのこと、とんでもないバケモノプロセッサーになりそうですね・・・!
単純なサウンド面もかなり進化しているという話なので早く弾いてみたいものですね~。

そして個人的に非常に期待しているポイントはこちら!
f:id:shima_c_niigata:20180130131113j:plain
Newフットコントローラーです!
これまでのAxe-Fxⅱの純正フットコントローラーはあまりにも大きすぎる、ここまでの物は要らないという声も多かったんですよね、店頭でもよく耳にしました。
でもこの新しい純正コントローラーは6スイッチモデル12スイッチモデル、非常に丁度いいですよね!
個人的にはこの新コントローラーの登場は気になります!

特にAxe-Fxⅲになってサイズが従来の2Uラックサイズからどうやらkemper等と同じ3Uラックサイズになるみたいなんですよね。
もちろんフラクタルなのでパワーアンプは非搭載、3UのAxeにパワーアンプもとなるとかなり可搬性が悪くなりそうなんですよね。
そこでフットコントローラーまで従来と同じサイズとなるといよいよライブ派プレイヤーが限界を超えてしまうので(笑)フットコントローラーの新登場は嬉しいですね!

アメリカ・カナダへは2018年3月頃からの出荷という噂ですが国内入荷はまだ未定、早めの入荷を祈りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
なんだかんだやはり今年もNAMMはアツいですね!!
今回ご紹介した商品はファンドフレット2本にフラクタルマルチプロセッサと非常に私個人の好みが強く出てしまいましたが(笑)やはり世間的、一般層にもこういった所謂「オタク機材」なんて呼ばれる機材の需要が高まっている証拠でしょうか、やけにソッチ方面の機材が多いように感じました。
今後も新製品情報から目が離せませんね!
今後も面白い商品はどんどんご紹介していきますのでお楽しみに~!

まとめページ

僕の商品レビューまとめページになります!
是非ご覧ください~!
niigata.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.