島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

参加者求む!新潟店コンピレーションCD vol.07「光」

コンピレーション企画第七弾「光」参加者募集中です!

f:id:shima_c_niigata:20170924101003j:plain
こんにちは、DTM担当の新井です!
皆さまに楽曲を提供して頂き、コンピレーションアルバムを作ろうという企画。次回vol.07のテーマは「光」です!すでに何名かの方のエントリー受け付けております。ありがとうございます!
まだまだ楽曲募集中ですので、
  • 「手元にちょうど光っぽい曲があるぞ…?」
  • 「あと一週間で頑張るぞい!」

という皆さま、こぞってご参加ください!ジャンル不問です、バンドサウンドも大歓迎です~~!!
9月末を目途に募集を締め切らせて頂きますので、ご興味のある方はぜひお願いします。
音源は①WAV形式②44.1kHz③16bitで提出頂きますようお願い致します。提出方法等については、コンピ担当の新井、もしくはスタッフまでご相談下さい。まずはお電話にて参加の意思をお伝えいただければ幸いです!
大勢の皆さまの楽曲をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします!

vol.01~vol.06 好評発売中!

これまで発売したCD、ぜひご一聴ください!毎回バリエーション豊富、雰囲気満点な楽曲が勢ぞろいしております!
niigata.shimablo.com
niigata.shimablo.com
niigata.shimablo.com
niigata.shimablo.com
niigata.shimablo.com
niigata.shimablo.com




店舗名 島村楽器 新潟ビルボードプレイス店
電話番号 025-240-4666
担当 新井

【共振を無くせ】ラウド大好きマン蓑輪のフレットラップレビュー【タイトに刻め】

共振は許すな!!

こんにちは!新潟店Djent・ラウド担当蓑輪です!ついに(自称)も付けなくなりました。
最近はついにkemperを購入してしまいさらに一緒にMUSIC MANのBONGO5も購入してしまったことで引きこもりオタク度がどんどん増してきています。

f:id:shima_c_niigata:20170915185356j:plain
こちらはつい昨日スタジオでkemperとBONGO5を鳴らして喜んでいる僕です。
こんな感じでバンドでスタジオ練習とかが無い限りは家でkemper弄り続けてます。嗚呼素晴らしき人生。楽しい。

さて、そんな近況報告は置いといて、皆さん!フレットラップって使ってますか??
僕のブログを読んで下さっているDjent界隈の皆さんなら当然ご存知かと思います。

知らない方のためにご説明しますと、
f:id:shima_c_niigata:20170913143623j:plain
こいつですね。このヘッド付近に巻いてあるバンドのようなものです。

フレットラップを使うとどんな効果があるか、詳しくはこちらをご覧ください。
info.shimamura.co.jp
まぁ要約すると

・ナットからペグまでの振動を抑えてタイトなサウンドになる
・タッピング時に余計なをミュート出来る
・かっこいい

といったところでしょうか。個人的には最後が一番重要です。
ヘッドの振動を抑えてくれるというところで、共振を許さずただひたすらタイトなヤレてる「0」を求め刻み続けるDjentな方々にも必須なわけですね。

フレットラップとして商品化する前も、非常に昔からヘアゴム等を使用してミュートされる方なんかもいらっしゃいました。
さてそんなフレットラップ、どんなのが良いのか気になりません?

という訳で今回はフレットラップをレビューしていきます!
例によって僕の主観になります、参考程度にお読みください~!

Gruv Gear

f:id:shima_c_niigata:20170915184457j:plain
まずはこちら、Gruv Gearのフレットラップです!
僕も色々なフレットラップやヘアゴムを試してきた結果、現在はここのフレットラップのSkyカラーを使用しています。
f:id:shima_c_niigata:20170915184511j:plain
理由は僕のメインギターのSago1番合う色だったからです!それだけ!
写真の物は僕の私物になります。
f:id:shima_c_niigata:20170915184537j:plain
フレットラップ界では超有名メーカーで、フレットラップと言えばここ!って人も多いのではないでしょうか。
非常にオーソドックスで使い勝手が良いですね。
f:id:shima_c_niigata:20170915184520j:plain
他のフレットラップに比べるとミュート部が少し厚い気がします。
効果があるかはわかりませんがしっかりとミュートしてくれている感じがして非常に良いですね~。

そして一番の魅力はカラーラインナップの豊富さでしょうか!
ほんとにたくさんあって何色あるのかもわからないほどです。
きっとお好みのカラーが見つかるはずです!

現在Gruv Gearフレットラップは店頭にはおいていないので、お取り寄せになります!お気軽にお声がけください!

S7G

f:id:shima_c_niigata:20170915184623j:plain
さて続きましてS7Gフレットラップです!

・・・さっきのGruv Gearと何が違うの?って思った方、勘が良いですね!
このS7GフレットラップはGruv Gearとの共同開発なので作りはほとんど一緒なのです!
f:id:shima_c_niigata:20170915184636j:plain
厚みはGruv Gearより少し薄めですが、厳ついロゴもやモノクロのカラーリングも相まって非常に強そうな見た目です。
f:id:shima_c_niigata:20170915184651j:plain
マジックテープ部が少し弱めなのでそこだけ注意ですね。

カラーは黒だけでなく赤・紫・白もあります!

S7Gフレットラップの一番いいところはやはりロゴのかっこよさですかね!
めちゃくちゃ好きです!!

NO NOISE

f:id:shima_c_niigata:20170915184818j:plain
最後はコチラ!NO NOISEのミュートバンドです!
これだけサンプルがないのでメーカー画像でお許しください~・・・。
f:id:shima_c_niigata:20170915184857j:plain
先程までのフレットラップとは見た目が全然違いますね~。
とにかくカッコいい!V系上がりの僕にはこの見た目は非常に魅力的に見えてしまいます・・・。
f:id:shima_c_niigata:20170915184920j:plain
ミュート部がナットに引っかかりづらい素材でできているので耐久性が高そうですね!
f:id:shima_c_niigata:20170915184928j:plain
他のメーカーの物よりも幅は狭いので共振のミュートというところでは少し劣るかな?という感じですね。
どちらかというとテクニカルギタリストの余計なのミュート用でしょうか。

少々素材が堅めではありますが、使っていけば馴染んできそうな感じです。
f:id:shima_c_niigata:20170915185034j:plain
ヘッドに着けるとこんな感じですね。かっこいい!!!

最近はV系×Djentみたいなジャンルのバンドもどんどん増えてますし今後さらに需要が出てきそうな商品ですね!
こちらからお求めいただけます!
www.digimart.net

まとめ

いかがでしたでしょうか。
まだまだフレットラップとして売り出されている商品は少なく、性能の差も非常に大きいという訳ではないですが
皆様のフレットラップ選びのご参考になれば幸いです!

僕もフレットラップが無くてはならない人間なのでぜひお気軽にご相談ください~!

まとめページ

僕の書いた商品レビューまとめページになります!
是非ご覧ください~!
niigata.shimablo.com

ダルビッシュP流ロックギターアレンジセミナーレポート!

最高でした…!!

皆さまこんにちは、DTM担当の新井です!
9/9(土)、ギタリスト・ボカロPとして著名なダルビッシュP氏によるロックギターアレンジセミナーを開催いたしました!学生時代から雲の上の存在として崇め奉っていたダルビッシュP氏を目の前にして、私も興奮の色を隠せませんでした…!いつも以上に気合を入れてレポートします!!

デモンストレーション!

f:id:shima_c_niigata:20170911114953j:plain
うおお「Holography」だ…!!ダルビッシュP氏の2ndアルバム「High Gain Street」の4曲目に収録されている曲です。生で、こんな至近距離で見ることが出来るなんて…!最初から鼻息が荒くなってしまいました!

www.youtube.com

ちなみに、このクロスフェード動画に登場しているのは島村楽器新宿PePe店なんですよ!
さらにちなみに、3曲目の「Mr.Melancholy」にベースで参加しているのはなんとビリー・シーン氏なんですよ!
www.youtube.com

曲の解説!

ニコニコ動画YouTube合わせて今日現在で25万回以上も再生されている「夢幻」を題材にアレンジワークを解説!DAWの画面も惜しげなく見せて下さり、大変わかりやすかったです!

www.youtube.com

  • 「イントロは曲の顔」

イントロにはやはりインパクトが欲しい!この点について、バッキングのギターだけのものと、オクターブやリードのフレーズを加えたものを比較ながら説明して下さいました。たとえば単純なコードに一ひねり加えてadd 9thにしたり7thにしたり。そうすることでやや複雑な心地よい響きを作る、という手法が有効な場合もあるそうです。グッとくるエモいフレーズを入れたいですね!

  • 盛り上がりをグラフのように考えてみる

ほとんどの楽曲の場合、サビにピークをもってきます。一番盛り上がるところのイメージが出来れば、あとは各パートの抜き差しや奏法・バッキングパターンの変化などで展開を考えることが出来ますね!

  • コードの移り変わりによる演出

たとえばサビ前にちょっとしたコードの変化を入れてみることで「これからサビが来る感じ」を醸し出しやすくなったりします。このテクニックはぜひ使っていきたいです!

質疑応答タイム!

参加者の皆様から寄せられた質問にかなり掘り下げて答えて下さいました!

  • ボーカルを邪魔しないリードフレーズを弾くには?
  • ダウンチューニングの音作りでヌケを良くするには?
  • 迫力のある音を出すには?

などなど…
目から鱗なお話ばかりで、私、つい身を乗り出して聞き入ってしまいました。
「音像」というキーワード、日々の楽曲制作の中で常に意識したいと思います!

使用機材について

ダルビッシュP氏がバンドでライブをする際の機材についても話して下さいました。
f:id:shima_c_niigata:20170911162737j:plain
このセミナー時のセッティングは、PC(MAC)とZOOM/TAC-2とギターという至極シンプルなものだったのですが、同期演奏をするライブの際もPCとインターフェイスとギターのみ持ち込み、ライン出力しているそうです。
「あらかじめオートメーションを書いておけば足元を気にせず演奏に集中できるから」という理由だそうです。ギターソロでワウを使用して音ヌケを良くすることも多いそうですが、そのワウの音の変化もあらかじめオートメーションを書いておけば常に同じ環境で演奏が出来るのも魅力、とのこと!迫力はアンプサウンドにも負けず劣らず、対バンの方からも絶賛されるそうです。皆さまも試してみてはいかがでしょうか!

セミナー終了後も…

f:id:shima_c_niigata:20170911162755j:plain
全体のセミナーが終了した後も個別に質問に答えて下さったり、サインして下さったり。「2次会」も盛り上がりました!
ボカロの調声のマル秘テクニックまで伝授して頂きました。現場での体験談などもじっくり伺うことが出来、まさに至福のひと時でした…!!
最後には写真撮影、サインまでして頂きまして、本当にありがとうございました!私、いつも以上に顔がゆるんでいます笑
f:id:shima_c_niigata:20170911162810j:plain

ちなみに写真に写っているリバースヘッドのめちゃめちゃカッコイイギターは、島村楽器の新ブランド「RYOGA」のダルビッシュPシグネイチャーモデルです!日本人にとってのプレイアビリティを追求した良質なモデルが勢ぞろいですので、ぜひチェックしてみてください!
www.ryogaguitars.com

あらためて、最高でした…!!

楽しすぎて90分のセミナーがあっという間に終わってしまいました。プロの方の技術を直に体感出来たことは、かけがえのない財産になることでしょう!今こうしてレポートを書いている間にも「アレも聞きたかった」が何個も浮かんできています。
ダルビッシュPさん、長時間本当にありがとうございました。またぜひ新潟にいらして下さい!!
f:id:shima_c_niigata:20170911162817j:plain

【速報】大村孝佳 kemperセミナー島村楽器新潟店開催決定!

※大変申し訳ございません、こちらのセミナーは希望者多数のため受付終了いたしました。

大村孝佳kemperセミナー開催!!

こんにちは!新潟店アンプ担当の蓑輪です!
とんでもないイベントが決まってしまいましたよ・・・!!!

f:id:shima_c_niigata:20170903124518j:plain
大村孝佳 kemperセミナー!!!
今や世界的な活躍を見せる日本トップクラスのギタリスト 大村孝佳氏、
そして日本kemper社の久保山氏を島村楽器新潟店にお招きしkemperについての使い方をご教授いただくイベントです!!

大村孝佳氏プロフィール
1983年12月26日生
大阪府出身
3歳からピアノを習い始め、11歳の時に父親の影響によりアコースティックギターを弾きはじめる。
14歳でエレクトリックギターを弾きはじめ、17歳で洋楽のハードロック/ヘヴィメタルに出会い、強い衝撃を受け傾倒してゆく。
現在は自身のソロ活動と並行して、C4、LIV MOONdCprGMarty FriedmanUROBOROSなど他多方面で精力的に活動中。

間違いなく現在日本トップクラスのギタリスト、そんな方をお招きし話題のkemperの使い方を学べてしまうんです!!
これは来るしかないですよ!!

予約制となっております、ご希望の方はお早めに担当蓑輪(みのわ)までご連絡ください!

イベント詳細

・会場:島村楽器新潟店スタジオ
・日時:2017年10月1日(日)
・時間:15:00スタート(2時間弱を予定しています。)
・料金:無料!!!!
・定員:25名(希望者が多い場合は抽選となります、ご了承ください。)

先程も記載しましたが、完全予約制となっています!!
希望者多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。

お問い合わせは島村楽器新潟店 担当:蓑輪(みのわ)までお気軽にどうぞ!(TEL:025-240-4666)
皆様のご来場お待ちしております!!






























P.S. 担当の蓑輪はこのセミナーに向け気合を入れるためにkemperを購入しました。僕も含めみんなでkemperの使い方をマスターしましょう!(笑)

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.