島村楽器 新潟ビルボードプレイス店 シマブロ

島村楽器 新潟ビルボードプレイス店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

あなたの楽器は大丈夫!?自分でできる!楽器の状態をセルフチェック!

楽器の状態をチェックしてみよう!

こんにちは、エレキギター担当の倉島です!
急に寒くなりましたね…皆さん風邪を引いてませんか?
季節が変わると湿度・気温の変化で楽器の状態も変わります。
以下の設問で当てはまる項目が1つでもありましたら、お持ちの楽器を当店または最寄りの島村楽器にお持ちください!
また当店では12月16日(土)、17日(日)の2日間、プロリペアマン「カスタムワークス」さんの診断・調整会を行いますので、楽器をお持ちください。
詳しくは下記リンクをご覧ください。
niigata.shimablo.com

設問

サウンド アンプに繋いだ時の音について(エレキギター・ベース・エレアコの方のみ)

1.ジャックに挿したシールドプラグを動かした時に音が途切れる(ノイズが入る)ことがある。

f:id:shima_c_niigata:20171019164722j:plain
→ジャックの接点部分が汚れている、摩耗していると音が途切れる、ノイズが入る原因になります。

2.ギター・ベース本体のボリュームノブ・トーンノブを回した時、ピックアップセレクターを動かした時にガリガリとノイズが入る。

f:id:shima_c_niigata:20171019164729j:plain
→各種パーツの接点部分にホコリや汚れが溜まっている、錆びているとノイズが入る原因になります。

3.1フレット、最終フレットを押さえた時にとフレットの隙間が無い。または厚紙1枚以上の隙間がある。

f:id:shima_c_niigata:20171019155524j:plain
とフレット間に隙間が無い場合はネックが逆反りをしている可能性があります。また、必要以上に隙間が空いている場合はネックが順反りをしている可能性があります。※1側は正常だけど、6側は隙間が空いている(ネックのねじれ)や、ローポジションで隙間あるけれど、ハイポジションでは隙間がある(ネック・指板の波打ち)など複雑な反り方をしている場合もあります。

ネック・フレットの状態について

4.1~6、1フレットから最終フレットの弾くポジションによって、音の減衰が早いまたは音がつまる。

f:id:shima_c_niigata:20171019155606j:plain
→例えば各の1フレットから3フレットの範囲などでつまる場合はネックの反りが、特定のポジション(例えば2の15フレットなど)でつまる場合はフレットの摩耗やフレットの浮きなどが原因として考えられます。※全体的に音がビビる場合には、高自体が低い可能性があります。

ナットの状態について

5.3フレットを押さえた時に、と1フレット間の隙間が無い。または厚紙1枚以上の隙間がある。

f:id:shima_c_niigata:20171019155642j:plain
→隙間が無い場合にはナットが摩耗し溝が深くなっているため、ローポジションで音がつまる場合があります。必要以上に隙間が空いている場合はナット溝が浅い可能性があり、1フレットでのバレーコードが押さえ難い場合があります。

ストラップピンについて

6.ストラップピンを締めた時に締めても回り続ける。

f:id:shima_c_niigata:20171019155702j:plain
→ボディ木部側の穴が広がったってしまったため、空回りしている可能性があります。

ブリッジについて(アコースティックギターの方のみ)

7.ボディトップとブリッジの接着面に隙間があり、コピー用紙が入る。

f:id:shima_c_niigata:20171019164943j:plain
→ブリッジが剥がれてきている、浮いてきている可能性があります。

お問い合わせ

…いかがでしょうか?他にもこんな場合はどうなの?というご質問がある方もいらっしゃると思います。
お気軽に当店にお問合せください。またご都合がよろしい方は先程ご紹介しました診断会・調整会にお越しください。皆様のご来店お待ちしております。

修理に関するお問い合わせや診断会・調整会のご予約は下記まで。
店舗 新潟ビルボードプレイス店
電話番号 025-240-4666
担当 倉島

アコギ・エレキギター・ベース診断・調整会 by Custom Works(カスタムワークス)

アコギ・エレキギター・ベースを無料で診断致します!

f:id:shima_c_niigata:20171019154352j:plain
こんにちは。ギター担当の倉島です。
毎年恒例のアコギ・エレキギター・ベース診断、調整会を開催します!
弾かずに眠らせているアコギ、弾きにくくて困っているエレキギター、ノイズが気になって仕方がないベースなどはありませんか?
またエアコンをつけ始め、部屋の湿度・気温が変わることで楽器の状態も変化しやすい時期です。
プロのリペアマンに診断、調整してもらい快適な音楽ライフを送りましょう♪

診断・調整を担当してくれるのはカスタムワークスさんです!

診断してくれるのは、島村楽器新潟ビルボードプレイス店が普段ギター・ベースの修理をお願いしているプロのリペアマンのカスタムワークスさんです!
その場で直接、楽器を一緒に見ながら診断してもらえるので、どこが悪いのか、どこをどうすると良くなるのか、といったことがよくわかるため安心ですし、ご自分の楽器への理解も深まります。

調整だけではなく改造のご相談もできます。

さらに診断だけではなく、改造のご相談もOK。
ボディ・ネックのリフィニッシュやピックアップを交換、コンデンサー・配線交換なども承ります!

参加特典

このイベントにご参加の方は、お見積りから20%オフの料金にて修理・改造をお受け致します!(診断より1ヶ月以内)
また、エレキギター・ベース基本セットアップメニュー(ネック・高・オクターブ調整など)も当日限定¥3,240(税込)でお受けできます。※通常価格¥5,000(税込)

軽度の症状や改造であればその場でリペアしてお渡し致します。

※30分以内で終わらない修理・改造(フレットすり合わせやリフィニッシュ等)、パーツが必要になるリペア(ピックアップ交換で当日現物が無い場合)などはお預かりの修理になります。

まずはご自身の楽器をチェックしてみましょう!

下記リンクで簡単に楽器の状態をチェックできる方法をご紹介しております。併せてご参考下さい。
niigata.shimablo.com

診断・調整会概要

日程 12月16日(土)・12月17日(日)
時間 12月16日 開始 10:30 終了19:30  12月17日 開始10:30 終了16:30
会場 新潟ビルボードプレイス店 店内特設スペース
料金 診断無料 完全ご予約制 お1人様30分
参加方法 店頭またはお電話にてお問い合わせ下さい。
特典 修理・改造料金が、お見積り金額から20%オフ!
担当 倉島

11月18日・19日は秋の管楽器点検会開催!

芸術の秋の締めくくりは楽器のメンテナンスを!

こんにちは!管楽器担当の内山です。

みなさま、今年の秋はいかがお過ごしですか?

秋の紅葉、運動の秋、食欲の秋、、、。
かくいう私は食欲の秋を堪能中で冬に向けて脂肪を蓄えて、、、
と、そんなことはどうでもいいですね。笑

秋と言えば芸術の秋もありますね!芸術といえば音楽ですね!
演奏会などで活躍された方も多いのではないでしょうか。

沢山演奏された後は楽器もお疲れのことでしょう。

楽器のコンディションも整えてこそ演奏家
半年~1年に1回はリペアマンに診てもらうと楽器を良い状態で保つことが出来ますよ。

「でも、楽器の調整って高いんじゃないの?」
「いくらくらい掛かるんだろう?」
「期間はどれくらいだろう?」

などなど、不安に思う方も多いと思います。
そんな方はまず点検会へお越しください!

新潟店では半年に1回管楽器点検会を開催しています。
限られた時間ですので、その場で調整出来る事と出来ない事はありますが、
出来ない場合にはお預かりした場合のお見積りもお渡しします。
是非ご愛用の楽器をお持ちください!

また、同時開催のフルート吹き比べ会も是非ご参加ください!

管楽器点検会

島村楽器のリペアマンがお客様と直接お話ししながら楽器の状態をチェックします。
普段は見ることの出来ない、楽器の分解などもご覧いただけますよ!

日程 11月18日(土)・19日(日)
時間 10:10~19:00
のうち、30分予約制
参加費 ¥1,404(税込)
会員様割引き¥1,080(税込)
場所 店内特設会場

予約制ですので、お早めにご連絡ください!

同時開催~フルート吹き比べ会~

YAMAHAPearlAltusPowellSANKYOなどなど様々なメーカーのフルートをご用意致します。
フルート教室講師による吹き比べ演奏もございます。この機会をお見逃しなく!
f:id:shima_c_niigata:20171019143907j:plain

イベント フルート試奏会
日程 11月18日(土)
講師 江口鮎美
開講コース フルート
オカリナ
開講曜日 金・土

お問い合わせ

店舗 新潟ビルボードプレイス店
電話番号 025-240-4666
担当 内山

【シマブロのお題】ZOOM B3nでDjentなベースサウンドを作ってみた!【ベーシスト蓑輪編】

ZOOM B3nでDjentな音を!

こんにちは!新潟店エフェクター・ベース・ラウド担当の蓑輪です!

f:id:shima_c_niigata:20171017152757j:plain
最近健康診断を受診したところ、人生で初めて「昨年と身長が全く変わらない」というものを体験しました。190.2cm、齢22にしてようやく人生の成長期が終わり身長が止まりました。

さて、今回もシマブロのお題「○○で○○っぽい音を作ってみた!」です!
前回kemperフラクタルっぽいサウンドを作ってみましたが今回はベース編!


ZOOM B3nでDjentベースサウンドを作ってみた!」

です!!

僕がプライベートでギターを弾いているラウドバンドのベーシストはZOOMのB3nでメインの音を作っているのですが、これがまたすっっっごいラウドでカッコいい音を出してるんですよね・・・!

というわけで今回は大人気のZOOM B3nを使ってDjent・メタルコア感溢れるラウドなサウンドを作っていきます!

前回のkemperの記事と違って手ごろな機材メインでサウンドメイクをしていくので是非参考にしてみてください~!

使用機材

使用機材はまずはZOOM B3n
f:id:shima_c_niigata:20171017151514j:plain
今回の主役です。
手の出しやすい価格なのにジャズ・フュージョン系のサウンドから超どメタルなサウンドまで、
幅広くめちゃくちゃイケてる音が出るので様々なジャンルのベーシストから超大人気ですね。

続いてベースは僕がSailing Before The WindのベーシストBitoku氏に憧れているのでIbanez BTBを使用します。
f:id:shima_c_niigata:20171017151636j:plain
もちろんこの手のジャンルでは無類の強さを誇るベースなので憧れ抜きにしてもバッチリです!

アンプは新潟店スタジオ機材のハートキーのスタックを使用します。
f:id:shima_c_niigata:20171017151649j:plain
定番中の定番アンプなのでこちらも参考になるかと!

セッティング

続いてB3nのセッティングです。
まずメインの歪みとして使用するのはもちろん「Darkglass Microtubes B7K」モデリングの「Dark Pre」です。
これまでのZOOM B3にはなかったものになりますね。
ベースではダークグラス厨の蓑輪としてはこれ以外の選択肢はありません。
f:id:shima_c_niigata:20171017151713j:plain
設定はこんな感じにしてみました。
B7Kの実機はEQの帯域が少し特殊なのですが、B3nのモデリングではLowからHighまでそれぞれどの帯域なのかがわからなかったため
今回は「僕が普段通り実機で作るなら」というEQの位置にしてみました。

しっかりと歪みつつ、低音をカバーできるように設定しましょう。
僕は高音のギャリギャリ言う感じを出したかったのでBOOSTはHIのみONにしています。
ブレンド高めに設定するとDjent感のある人工的なエグい歪みになるのでお勧めです。

続いてノイズリダクションは「ZNR」を使用します。
f:id:shima_c_niigata:20171017151724j:plain
こんな設定ですね。
もうここはしっかりガッツリ切ってしまいましょう。
ベースはギターに比べてパワーが強いのである程度ギターより強めにかけてもいい感じにタイトになってくれます。

最後はイコライザーです。
f:id:shima_c_niigata:20171017151843j:plain
まずは「BassGEQ」を使って500Hzと800Hzをガッツリ削りましょう。
この手のジャンルでは中音域はほぼ不要です。

1kHzのハイミッドにあたる帯域もしっかり削ってあげるのが望ましいですね。
なのでB3n内の「BassPEQ」というパライコで1kHzを狙って削ってみましょう。
f:id:shima_c_niigata:20171017151856j:plain
グライコのLowとHighにあたる帯域はバンドの他の楽器の様子も見ながら微調整しつつ結構ブーストしましょう。

しっかりと低音を持ち上げることでラウドバンドらしいバンド全体の重さが出てきます。
ドラムのキックと被らないように試行錯誤してしっかり低音を支えましょう。

続いてアンプです。

グライコの500Hzと1kHzはこちらでも削っておきましょう。アンプ側でも削ることでより人工的な冷たいサウンドが得られます。
f:id:shima_c_niigata:20171017151915j:plain
低音の太さをキープするためにPRE AMPはTUBE側を少し高めに、SOLID側はTUBEより少し低めにしてみます。
高音の暴れる感じを出したいので今回はコンプはかけないでおきます。
f:id:shima_c_niigata:20171017151929j:plain
ハイパス・ローパスはバンドで合わせたときの聴こえ方により微調整程度、今回はフラットで行いましょう。
f:id:shima_c_niigata:20171017152000j:plain
最後にベースの手元のセッティングは、ボリュームフル、PUリア8:フロント2程度
EQのBASSとHIGHは少し高め、MIDは真ん中で行きます!

というわけで!長くなりましたが今回作ったサウンドをお聴きください!












これはワルい!!!極悪だ~~~!!!!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
2万円台のマルチエフェクターのみで作ったにしてはかなりワルめ・重め・激音圧なサウンドになった気がします!

もっと突き詰めれば更にヤレてるサウンドになるんだろうな~とは思うのですが今の僕にはこれが限界の様です・・・。

今回はDjent・メタルコア寄りなラウドサウンドを作ってみましたが、B3nはもっともっと幅広く行けます!
どんなジャンルのベーシストも1台持っていればなにかと活躍してくれること間違いナシ!!

B3nはこちらからお求めいただけます!
www.digimart.net

また、とにかくラウドな歪みのみを追い求めるなら実機がオススメです!
Microtubes B7Kの実機はこちらからどうぞ!
www.digimart.net

まとめページ

僕の商品レビューまとめページになります!
是非ご覧ください~!
niigata.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.